2017年1月 2日 (月)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年の年末年始は、家族揃ってマス釣り大会。除夜の鐘つき&初詣&夜店で射的にダーツ。

昼寝の後は、おせちをつつきながらノンアルコールの宴となりました。

夫の病気もあり、今年から我が家はノンアルコールのお正月です。

昨年は、波乱万丈。
兎に角忙しかった。

今年は、ライフスタイルそのものをダウンサイジングしていきたいと思っています。

| | コメント (0)

2016年7月 8日 (金)

奨学金今昔

若者の奨学金苦が社会問題にさえなってきました。

あら~。私も、奨学金は借りたんだけど、、、。

今の若者のと決定的に違うのは、

私の借りた奨学金は、無利息(第一種)。

一定期間内に学校の先生になって、何年以上務めると返済免除、という夢のような制度があった。

私が働き始めたのは、バブル絶頂の頃で、会社も気前よくどんどん昇給させてくれて、貯金も多かったし、利率もものすごく良かった。(返済が遅くなれば遅くなる程かえって得)

高校、大学と借りたけれど、高校は最後の1年のみ、奨学金+学校の授業料半額免除で殆どタダ。大学は、最初の2年のみ、奨学金+そもそもが夜間部だったからものすごく学費が安くて済んだ。

そして、その後延々大学の通信教育課程に籍を置いたので、「まだ学生です」といえば返済を待ってもらえた。

いよいよ返済を始めてからは、一定期間繰り上げて一括返済すると、奨励金がもらえたので、それにもちゃっかり乗った。

と、いいとこどりができたことです。

それが、今は、どの制度もなくなってしまって(!)若い世代は気の毒なばかりです。

私は、自分の子どもに、極力無借金で学校に行かせたいと思っています。

だってね。あの当時の私でさえ、奨学金や、自分でやりくりしなければならない学費の重みは、それ相応に辛いものでしたよ。(涙)

ほんと。

| | コメント (0)

2016年3月13日 (日)

ごーりきあやめ!

今日は、子どもと夫がヨットに行っている間に、美容院へ行きました。

しばらく、おかっぱ頭に白髪染めを繰り返すだけだったので、全体の雰囲気も、実際の髪も重たくて、シャンプーも、乾かすのも億劫になるほどでした。

「でもなぁ〜、短くすると、頻繁にカットしないといけないんだよなぁ〜」

そう。もったいないのです。

でも、この髪型は、もう飽きたし、つまんない。

ええい!切ってしまえ!!

と、いうことで、いつもの美容師さんに

「思いっきり切ってください!」

とお願いしますと、

「イメージとして、どの位の長さまで切っていいですか?」

と聞かれましたので、

「んーーー。ごーりこあやめ!!」

と答えました。

私の口から、具体的に、しかも自分より若いタレントさんが出てきたのは、はじめてです。

美容師さん、オーダーの通り、思いっきり切ってくれました。

嗚呼、これで、シャンプー楽々。乾かすのも、スタイリングも楽々。

こんなんだったら、もっと早く切ればよかった。

いつもショートにすると

「ぺこちゃん、コワイ」

という夫にも好評です。

子どもは、

「きのこみたい」

とか言ってます。

そうだよ。お前の母さん、きーのーこ!!

ちなみに、最近の子どものブームは、あたしンち。アマゾンビデオで観まくってます。

| | コメント (0)

2015年10月17日 (土)

おつかいリスさん

先日。おつかいものにと用意していた荷物を、うっかり電車の座席に置いたまま下車してしまいました。

気付いたのは、乗り換えた別の電車の中。

さっきまで、確かに持っていたのに、ない。ないったら、ない!

さあ、困った。せっかく用意した品物が。住所のメモ代わりに入れていた、貴重なお手紙も!!

品物だけなら買えばいいんだけれど、お手紙は代わりがないよ、、、。

とりあえず、降りた電車の駅に電話をすると、終着駅に転送してくれて、ちょうどホームに着いた車両をくまなく探してくれたんだけど、ない。

あ〜あ。

困ったまま出勤して、困ったまま仕事して、

「こういうついてない日もあるんだよな」

と思いました。

どこかで誰かが拾って、持ち帰っちゃったのかな、、、。残念だな、、、。

でも、夕方。どうしても諦められなくて、ダメもとでもう一度降りた駅で聞いてみることにしました。

「荷物の中身は、何ですか?」

「品物のお店の名前とか、わかりますか」

「荷物の中にあるお手紙の宛名は?」

はい、ぺこです。私の名前、、、

そうしたら、終点とは別の駅に届けられている、って!

嗚呼、よかった。まだまだ日本は捨てたもんじゃない。

落し物が戻ってくる世の中なんだ。

私が下りた後のガラガラ電車の座席で、あの荷物の中のリスさんたちは、ひとりで運ばれて行って、

「おや?」

と気付いた後から乗った別のお客さんが、自分の下りる駅で届けてくれたんだろうな。

私が殆ど行ったことのない、終点から1つ手前の駅でした。

翌日の仕事の帰りに受け取りに行って、その強運なリスさんたちは、さらに翌日に本来のおつかい先へと送られて行きました。

私、プレゼントとか、贈り物を決めるのが普段の買い物同様難しくて、ずいぶんかかりました。

かわいいリスさんたちには、当初おいしいお茶のお供で笑顔を届けたかったのですが、とんだハプニングで強運を運んでもらうことになりました。

リスさん、リスさん、大切なお友達のもとへ飛んで行け〜!!

| | コメント (2)

2015年10月 4日 (日)

ラグビーW杯で夜更かし

あ~あ。最後まで観ちゃった。

スポーツの中継を観て、あんなにワクワクしたのは久し振りのことです。

中継のアナウンスで、いろいろな話がありましたが、フランス人のコーチの言葉として

「ピアノの練習をするように、スクラムの練習もすればするだけ上手くなる」

というのが気に入りました。

それにしても、日本のタックルは、すごい!

どんどこどんどこ大男を倒す。

4年前から、どこの国の選手よりも練習し、プレーを改造してきたというけれど、こんなにも変わるだなんて!!!

実は、明日の朝は、早起きして出かける必要があるのですが、

「もう、今日はいい!!」

と、開き直って観てしまいました。

かつてサッカーのW杯に行ける、行けないの頃も燃えたけど、いやぁ、今度のラグビーは、もっとすごいや。

おかげで今も興奮冷めやらず、寝付けません。

| | コメント (0)

2015年9月29日 (火)

低い音が聞こえません

最近、夫が低い声でボソボソとつぶやくと、何を言っているのかわからなくて聞き返すことが多くなりました。

学校でも、子どもが小さな声でしか話さなかったり、職員会議ではるか遠い席の先生が声を低くして喋ると、何を喋っているのか分からず困ったものでした。

やっぱ、聞こえが悪いんだろうか、、、。

思い余って、今日は耳鼻科の先生に診てもらいました。

細かい聴力検査ができるので、早速調べてもらったところ、、、

「なんでもない」

と言われると思いきや、変なグラフを見せられました。

確かに、高音より、低音の方が聞き取れていません。

普通の、加齢による聴力の減退ならば、低音より先に高音が聞き取れなくなるので、グラフが右肩下がりになるのですが、私の場合には、右肩上がりです。

しかも、左右でほぼ同じ値なので、何か器官に問題があって生じている症状でもなさそう。

聞こえにくさも、教科書的には軽度の難聴と入れるか、正常とするかの間だそうで、、、。

となると、これといった治療法もなく、

「聞き取りにくいときには、はっきりと喋ってもらうくらいですかね、、、」

と、先生。

ああ、よかった。別に、治らなくてもいいんだ。

ただ、実際に聞こえにくいとわかれば、先に断っておくこともできるし、聞き取れなくて繰り返してもらうときにも、躊躇しなくて済む、、、。

私、聞き取れないのは、注意力が足らないからだと思ってたんだ。

注意しないのがいけない、って。

なんだ。注意力の前に、聴力の問題か、、、。

ええい。ついでに嫌なことも聞こえなかったことにしてしまえ!(笑)

| | コメント (0)

2015年9月20日 (日)

お宅売ってください?

我が家は駅前のマンションなので、不動産屋さんから売却のお考えはありませんか、というチラシや電話が入ることはよくあったのですが、今日は、もっと切羽詰まって、うちのマンションのしかも階数指定で購入希望の方がいるらしく、

「いくらだったら売って頂けますか」

ときました。

ふむー。

駅前で、屋根付き駐車場2台で、部屋の窓から富士山や桜並木の川が見られて、お風呂にも窓がある南東向きの物件なんて、ほかにいくら出したら手にはいるのでしょう。

私は、殆ど見たことがありません。

「えー。このおうち売っちゃうの〜。ヤダな〜」

と、子ども。

なんたって、うちの子は、このウチと、私たちを気に入って、ウチの子になったのですからね、、、。

| | コメント (0)

2015年9月 3日 (木)

アポとタスク

手帳が届きまして、リビングのカレンダーにあった予定を取り急ぎ転記しました。

で、明日やらないといけないことは、、、

見開きで1週間になっているページの、その日の部分に

◻️郵便局から振り込み

◻️役所に⚪️⚪️の書類を送る

などと書き込みます。

「もう、書き残していることはないかな?」

思い出す限りの予定を書き込み、やらないといけないタスクを列挙して気付きました。

おかあさんは、かなり忙しい。

誰かと会う約束をしたくても、入れる場所がありません。

そして痛感。

「そろそろ何をやりたいかではなく、何なら無理なく続けられるか、で、暮らすべきではないか」

と。

1日に複数の予定が入っているのはザラなんですもの。

| | コメント (0)

2015年8月31日 (月)

とりあえず文庫手帳

手帳がなくて困っていたので、アマゾンで取り寄せたのがちくま書房の「文庫手帳」です。

1508311

文庫本なのに、中身は手帳。

安野光雅さんのデザインで毎年出版されます。

基本が「ほぼ日手帳」と同じなので、ほぼ日を使っていた当初から、こちらの方が廉価だし、わざわざ高いほぼ日を買う必要もないのかなぁ、、、と思っていたのですけれど、いざ届いて、ちょっと予定を書いただけで気が変わりました。

「ほぼ日」の、パタンと開くつくりがどれほど便利であったか。

細かいマス目も、薄くて透けない、あの紙と、おすすめのボールペンとの相性も。

よし。もうちょっと我慢して、次は再びほぼ日に戻そう。

そして、こんな文句を言いつつ「文庫手帳」を買ったのは、サイズが同じだから、ほぼ日の革カバーが使えるからです。バタフライ式のペンホルダーがとても便利でしたので。

子どもの通院2ヶ所。学童保育。学校行事とPTA。習い事4つの予定と当番。自分の通院1か所。3週に一度の美容院の予約。これだけでも、かなり複雑。

もしかして、子どもと関わる時間が一番多いのもこの時期だけれど、こうした子どもがらみのスケジュールに追われるのも、今が一番のピークなのかもしれません。

年齢が上がれば、習い事は少なくなるでしょうし、イベントも親の出番は少なくなっていくでしょう。

大変ではあるけれど、活用して楽しみたいものです。

| | コメント (0)

2015年8月30日 (日)

スケジュール大混乱

少し前から、私のスケジュール管理は、めっちゃくちゃでした。

もう少し前までの私は、何でも忘れるので何でもメモるメモ魔でしたし、お気に入りの手帳が手放せない手帳マニアというか、手帳にうるさい奴(だから、ほぼ日手帳なんかも使っていた)だったのですが、、、。

ほぼ日手帳を使わなくなって、しばらく手作り手帳で凌いでいたのですが、この手作り手帳も、アタマの回転が悪いときに無理に作ろうとすると、日付を間違えるのです。

1日でも間違えると、1ページ破いて、最初から書かなくてはならず、それが裏面だったりすると泣きたくなるので、もう、それも書かずに放置しておりましたら、今度は、スケジュールの方が大混乱。

いろんな予定が、管理しきれないのです。

「おかしいなぁ~。なんで、こんなにやることが増えたんだろう?」

と思いましたら、私、今は週休3日で働いているので、土日で子ども相手に忙しいほかに、もう1日に、やれ通院だ、役所に行くだ、子どもの学校のPTAだ、美容院だ、と、予定を突っ込みますので、それが今週だか来週だか再来週だかなんて、覚えきれないわけです。

仕方がないので、市販の手帳を急遽取り寄せることにしました。

とにかく。今の私は、自宅と自分の携帯番号しか覚えていないので、ケータイの充電が切れたら、夫や母の電話番号がわかりませんので、ホント、困るんです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧