« 仕事帰りはバスに乗って | トップページ | 家族で学校見学 »

2017年5月16日 (火)

こづかいちょう

子どもに、おこづかい帳をつけさせるようになりました。

中身をちょっとだけ吟味して、使うのは婦人之友社の「小学生のこづかいちょう」にしました。

このこづかい帳は、1年分の薄っぺらなんだけど、最初にこづかい帳のつけ方の説明があるのと、毎月使いみちごとの予算と実際に使った額とを記入する欄があるのです。

ただの出納帳ではないので、子どもは、嫌でも遊びなりおもちゃなり、自分のためだけにどれほどのお金を使ったかを知ることになります。

「ノートを買うのに、お母さんから150円もらった」
というときも、現物支給ではなく、150円の入金があり、ノートを買うのに150円支払った、と記録します。

これが、なかなかの教育になります。

「あなた、どれだけ無駄遣いしてると思ってるの!!」
と言ったところで、子どもにはわかりません。

そんなお小言より、にっこり優しく、先月の無駄遣い&予算オーバー、これだけになっております、と、数字で差し出すことができるのです。

しめしめ。
来年も、このお小遣い帳、使っちゃおう、っと。

|

« 仕事帰りはバスに乗って | トップページ | 家族で学校見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕事帰りはバスに乗って | トップページ | 家族で学校見学 »