« 調理実習 | トップページ | ほうれん草と調味料 »

2017年5月25日 (木)

カブトムシは蛹に

昨年の秋に子どもがもらってきたカブトムシの幼虫がムクムクと大きくなり、少し前から1匹ずつ別の容器で飼っておりました。

以前は、みんな白かったのですが、移す頃には少し黄色くなってきてるのもいて、そのうち、マットに潜らないまま蛹になるのが出てくるかしら?と思っていたら。

今日、子どもが
「お母さん!カブトムシが蛹になってる!」
と言うので覗くと、確かに変態しています。

顔のあたりが、なんとなく口に見えたので、メスかもしれない、と思いました。

「もう、絶対に動かさないでよ!!」
子どもったら、カブトムシなんかどうでもよかった風だったのに、突然宝物にでもなったようです。

「はいはい。動かしません」

そして、先ほど。

お母さんは、見てしまった。

マットに潜らないでじっとしていた別の幼虫が、なんだかモゾモゾ動いているかと思ったら、頭の先に立派な角があったのを。

これが、オスだ、、、。

半年以上、ただムクムクしている幼虫を飼っていて、たいして面白くもなかったのですが、今日は、生命の神秘を見てしまいました。

すごい。

明日の朝、子どもが見たら、何と言うかしら。

|

« 調理実習 | トップページ | ほうれん草と調味料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 調理実習 | トップページ | ほうれん草と調味料 »