« お母さんの偏差値 3 | トップページ | タイムカードって何ですか? »

2016年3月 8日 (火)

ポケットにグミ

習い事いっぱい。しかも、どれもそこそこ続いた分、練習がきついし、疲れます。

でね、さすがの私も、スイミングは辞めてもいいかなぁ、選手にしたいわけじゃないし、、、と思い始めて、子どもにそんなことを訊いてみました。

「スイミングと剣道だったら、剣道続けてスイミング辞めるのがいいよね?」

「うん」

で、話が終わるかと思ったら、今度は、子どもが続けました。

「剣道とヨットだったら、、、」

うっ!辛いヨットは嫌だと来たらどうしよう、、、と身構えますと

「ヨットがいいな」

(あれ?)

「だって、ヨットは、途中でグミ食べられるもん!」

(なんだ。そんなことか、、、)

ヨットのグミとは、ライフジャケットのポケットに入れてあった、おやつのグミです。

もともとは、昼食も沖で食べるようなレースのときに、途中で食欲がなくても栄養補給ができるようにと、みんなアメやらおにぎりやらをポケットに入れているのですが、うちの子は、たまたま、普段の練習でもおやつを入れて沖に出て、練習の合間に食べたのが嬉しかったようです。

「1つは落としちゃったから、海に捨ててきたの。もったいなかったけど」

「へー」

私は、その様子が手に取るように想像できて、ちょっとうれしくなりました。

子どもの乗るヨットは、一人乗り。

余程のことがない限り、自分で風を読み、ロープを弾き、舵をとり、一人で艇を進めなければなりません。

そんな厳しい練習の合間に、ポケットからおやつを出して、食べようとしたら、ポロっと落としちゃって、渋々捨てて、もう一つ出してちゃんと食べられたら、美味しさ100倍。嬉しいひと時に違いありません。

「そうかー。よかったねぇ」

厳しいし、年齢的について行くだけで大変なヨットの中に、ようやく、小さな楽しみを見つけてもらえて、私が嬉しくなりました。

|

« お母さんの偏差値 3 | トップページ | タイムカードって何ですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お母さんの偏差値 3 | トップページ | タイムカードって何ですか? »