« 技限定で考える | トップページ | お母さんの偏差値 2 »

2016年2月19日 (金)

お金の価値がわかってくる

この頃、子どもが、

「お母さん、あのお金、貯金しておくことにした」

とか、お店で

「これも欲しいけど、やっぱりもったいないか」

と、品物を棚に戻してくるようになりました。

子どもなりに、お金は湯水の如く使えるものではない、とか、私たちの労働で得ていることを理解できるようになったのかもしれません。

去年のクリスマスには、サンタさんにサッカーボールをお願いしました。

実は、一昨年ももらって遊んでいたのに、うっかりなくしてしまったのです。

自分の過失でなくしたものを、私たち親に買ってもらうのは気が引けたのでしょう。

「じゃぁさ、サンタさんに、もう一度頼んでみれば?」

と言って手紙を書かせましたら、優しいサンタさんが、大事に使ってね、と届けてくれました。

今は、大事なペットのように、いつも玄関の見えるところに置いてあります。

|

« 技限定で考える | トップページ | お母さんの偏差値 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 技限定で考える | トップページ | お母さんの偏差値 2 »