« 紐結び2件 | トップページ | 図書室の飾りつけ »

2015年7月 1日 (水)

命懸けで帰ってきた

このところ、局地的な暴風雨があちこちで発生しています。

子どものヨットも、朝は全然風が吹かなくて、

「今日は、つまらな~い」

なんて日でも、いきなり風が吹き始め、ポツポツ雨が降り出したかと思ったら、そのまま物凄い勢いの雨になり、練習切り上げ、なんてことがあります。

先日は、まさにそんな日で・・・。

いつか雨が降ることは予報からわかっていたのですが、

ポツ、ポツ、、、ときたら、それがボツボツになり、陸上に待機していたお父さんも出動して子ども達を引き揚げさせることにしたら、見る見る風雨ともに酷くなり、、、、

子ども達のヨットが見えた、勢いよく進んでる、、、と思ったら、

風にあおられて、沈(船が倒れること)。

「うわぁ。こんな雨の中で沈なんて、大丈夫かしら、、、」

と見ていると、もう桟橋まで帰ってきているのに、ヨットが風で流されてしまいパニクっている子や、

風雨が怖くて、もう少しで桟橋だというのに、泣きわめいてヨットを進められない子やら、

とにかく大変なことになっていました。

「ウチの子は、どうなっているんだろう。コーチのボートに引っ張ってもらって来るのかな、、、」

と、子どものセール番号を探していましたら、見えてきました。

確かに我が子です。

必死に、岸に向かってヨットを進めていました。

波もあって、船の中に水が入るので、それを片手でどんどん汲み出しながら、こちらへ向かってきます。

「よし。その調子。頑張れ、、、」

「お母さんは、ここにいるよ」とわかるように、じっと見ておりましたら、子どもも気が付いたのでしょう。こちらを向いて、泣いている子のヨットも追い越して、無事に帰ってきました。

「よく帰ってきたね。すごい!」

たった1年で、こんなに逞しくなるのか、と驚きました。

|

« 紐結び2件 | トップページ | 図書室の飾りつけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紐結び2件 | トップページ | 図書室の飾りつけ »