« 仕事があるという安心感 | トップページ | つぶしのきく元教師 »

2015年5月20日 (水)

習字セット

子どもが書写の時間に毛筆をやるようになったので、書道の道具を揃えました。

学校斡旋のものでなくても良い、ということだったのですが、私は、もう面倒なので、学校から注文しちゃえ!と思っていたのですけれどね・・・。

問題は、バッグの柄がいろいろありすぎることでした。

「ねえ。これと、これだったら、どっちがいい?」

「どっちでもいい!」

「じゃあ、この色と、この色だったら?」

「どっちでもいい!」

なんと。うちの子は、キャラものでも、スポーツブランドのロゴでも、なんでも良いと言うのです。

こんな中で(しかも、どれも私の好みとは言いがたい)私に決めろと言われても困ります。

で、もうちょっと適当なもの(どうせ何でも良いと言うのなら、中学になっても恥ずかしくなく使えるもの)を探しましょう、というので、ネットでかなり検索しまして。色も柄も何にもない黒地に赤の縁取りがあるだけのバッグにしました。

ランドセルのときもそうでしたが、うちの子は、暖色が好きで、赤をカッコイイと言うんですよね。(だって、赤は、ウルトラマンの色!)

で届いてから名前を書いて、一通り使い方やしまい方の説明をすると、

「うわー。やりたい、やりたい!」

と、目を輝かせました。

いろんなものが入っているから、いじってみたいんでしょうね。

これに、新聞紙と、ペットボトル(筆洗い用)が加わって、習字セット一式です。

いいよなぁ。私のときは、お金だけ持たされて、文房具屋さんに一人で行って、自分で買ってきたもんなぁ、、、。

あれ、心細かったんだ、、、。

|

« 仕事があるという安心感 | トップページ | つぶしのきく元教師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕事があるという安心感 | トップページ | つぶしのきく元教師 »