« 前の姓 | トップページ | 言われたとおり、ではあったけど »

2014年11月17日 (月)

初レース

春からヨットを始めていた子どもが、ようやく初めてのレースに出場しました。

今年始めた新人だけが出場できるレースで、20艇弱が出場。

総合成績で表彰台に上れるまでにはなりませんでしたが、4レース中、一番良かったレースでは2位でゴールするなど、なかなかの健闘。

「頑張ったで賞」ということで、ご褒美に将棋ソフトを買ってやりました。

思えば、ほんの半年前には、ヨットの上では何もできなかったのに。

なんだかんだ練習するうちに、操縦のしかたや、手入れのしかた、海の上でのルール等も覚えました。

子どもの習いごとで

「ヨット」

と答えると、大抵驚かれて

「そんなの、どこで習うんですか?」

と聞かれるのですが、各地に子ども向けのヨットクラブがあり、小学校低学年からの入会を受け付けています。

ちなみに、うちの子は、我が家からクルマで10分程の、工場の岸壁の端っこを借りて。

電気も水も、ガスもないので、汲み取りトイレに、工場から提供してもらう工業用水。飲み水は毎回各家庭からの持ち寄りです。

子どもは、クラブの新人の中でも最年少だったので、習い始めの頃は皆と同じメニューをこなせるかどうか心配されていたのですが、こうしてレースにまで漕ぎつけてみると、ほかのメンバーと遜色なく成果が発揮できて、よかったな、、、と思っています。

そして、子ども自身も、今日のレースで、少なからず自信が持てたのではないかな、と。

いつも、剣道の大会でトロフィーもらっても、自分で勝ちとった実感がなくてポカンとしていましたが、ヨットのレースは、レースに出てフィニッシュするまででも大変ですから。

「あの厳しい練習がなかったら、今日のようにレースに出て艇を操ることはできなかった」

とね。

まだDINKSだった頃の私たちは、いつか自分の子どもを育てることができたら、その子にヨットを習わせて海の子にするのが夢でもありました。

気が付けば、もう、我が子は小さいながら立派なセーラーです。

さぁ、オフシーズンはのんびり過ごして、また来年頑張ろう。

|

« 前の姓 | トップページ | 言われたとおり、ではあったけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 前の姓 | トップページ | 言われたとおり、ではあったけど »