« 火事場のぺこ力 再び | トップページ | インドの方より黒いです »

2014年9月21日 (日)

気がつけばひとりで行って帰ってくる

子どもがヨットを始めて半年が経ちました。

子どものクラブは、初年度は体力や心身への負担を考慮して隔週での練習のため、月によってはほかの習いごとの大会や合宿等と重なり、一度も参加できないことさえあったのですが・・・。

今日、秋晴れの下、

「おかあさん方、手が空いていたら見てやってください!新人たちが頑張っていますよ~!!」

陸で待機しているコーチから声がかかり、海面を見ると、一人前に艇を操り練習する姿が見られました。

ほんの少し前まで、複数の子に1艇で、交代交代乗っていたのに。

今日は完全に一人一艇で、自分で漕ぎだし、自分で乗り、自分の力で帰ってきました。

「あ。みんな帰ってきたよ」

といって、迎えたときの写真がこちら。

1409211

ママたちがクラブハウスでお茶を飲んでおしゃべりに興じている間に、子どもたちはヨットに乗れるようになっていたのでありました。

ちなみに、となりは某食品会社の工場で、この桟橋の向こうには工場への荷物を出し入れする貨物船が出入りします。

遊びで乗ってる船があるのは、きれいな海なんだけど、こちらは自宅近くの工業地帯なのでありました。(だから、みんな、艇から落ちたくないと必死ですsmile

|

« 火事場のぺこ力 再び | トップページ | インドの方より黒いです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火事場のぺこ力 再び | トップページ | インドの方より黒いです »