« お薬はゼリーで | トップページ | 最近はチェス »

2014年7月13日 (日)

お習字の魔法

子どもが、今年の春からお習字を習っています。

といっても、まちの書道教室ではなく、学校の中にあるコニュニティスクールで隔週の、しかも低学年は毛筆ではな硬筆のものなのですが、、、。

なんたって格安隔週ですから、あまり上手になることも期待していなかったのですけれど。

一応、本人が私と字の練習をするより習いに行く方が良いと言うものですから、、、。

そしたら。

お習字ってのは、私自身習ったことがないのでシステムを知らなかったのですが、何度も何度もひたすらひたすら同じお手本を書くのですね。

お習字の先生、どうもおじいちゃんらしいのですが、腕白坊主の扱いも上手らしくて、褒めて褒めて褒めまくって、ほんのちょっとだけ直したら上手になるところを指摘して、最後は必ず100点で終わりです。

これを同じお手本で繰り返すうちに、、、最近は、同じ100点でもちょっと上手くなった気がします。

「へぇ。こうやって教えるんだ、、、」

100点だけでなく、最後にチューインガムまでもらえます。

面白がって行くわけですよね。

|

« お薬はゼリーで | トップページ | 最近はチェス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お薬はゼリーで | トップページ | 最近はチェス »