« 手作りズボンのその後 | トップページ | 朝練 »

2014年5月 9日 (金)

ユニバーサル仕様

私の病気のおかげで、家の中では、いろんなものがぐっちゃぐちゃ。

いくら学校からプリントをもらってきても、次々いろいろ配られるから、何を返していないのか、出せていないのか、訳がわからなくなります。

で、学校から督促を受けて(つまりは、子どもが叱られてから)出すことが多かったのですけどね。

学校の先生に、カウンセラーの先生や児童指導の先生も含めて我が家の忘れ物対策は、子ども本人の努力だけでは対応不可能とお伝えしておりましたら・・・

本日、画期的なカードを持って帰ってきました。

学校に出さなくてはいけないもののリストで、家庭でのチェック欄と、学校での受領確認欄があります。

これを見れば、まだ持って行っていないものが何であるのか、本人、親、先生の誰にでも一目でわかります。

そして、このカードには、すべての漢字にふりがながふってありまして・・・。

普通のお便りが読めない、外国人の親御さんを持つ子どもにも使える、ユニバーサル仕様なのでした。もちろん、普通のご家庭でも便利です。

「そうか。一人のための工夫が、実は、誰にでも便利な仕様になるんだ・・・」

学校でのユニバーサルって、スロープやエレベーターだけじゃなかったんですね。

|

« 手作りズボンのその後 | トップページ | 朝練 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手作りズボンのその後 | トップページ | 朝練 »