« 私が朝に弱いのは | トップページ | 「明日、ママがいない」考 »

2014年1月22日 (水)

学童保育に放り込む

はい。もう、素行不良も甚だしいので、子ども、学童保育に入れることにしましたです。

当初は、調べれば調べる程

「こりゃ、とても無理だ、、、」

と思う悪条件(立地や、お迎えの方法、時間等)だったのですが、開き直って職場に相談し、バスの路線と時間を綿密に調べて、ついに

「この経路で送ってもらって、私がここで迎えればほとんど時間のロスなく帰宅できる!!」

という黄金のタイムスケジュールを編み出しまして、晴れてスタートとなりました。

すごいですよ。おかあさん、就業のチャイムと同時に職場を出ます。

守衛所を走り抜け(朝も遅刻ギリギリだから走ってるんだけど)バス停へGo!

やって来たバスに乗って、ゆられることしばし。

待ち合わせの駅そばのバス停で降りたら、大きな交差点を渡り、子どもが降りて来るバス停の向かいのお店で夕食の材料を調達。

程なく子どもが乗ったバスが来るので、降車口でお出迎え。

子どもをつかまえたら、また道路を渡り、今度は、子どもが来たのと逆の方向に向かうバスに乗ると、なんと数分で我が家の目の前へ!!!

これで、夕食の材料と子ども、両方が手に入る上にこれまでより早く自宅に着きます。

バス代はちょっと余分にかかるけど、おかあさん、ラクラク。

そしてね。職場の理解がすごかった。

私、正直なところ、辞める覚悟だったんです。最初調べた段階だと、定時より30分は早く退出しないと間に合わない感じで・・・。

「そんな訳なので、後任の方の手配をしていただけないかと、、、」

とね。決算とか、引き継ぐなら急がないといけないこともありましたし。

上から更に上に話が行って、戻ってきた返事にびっくり。

「30分早く帰って続けられるなら、このままいてください。あなたの立場は私たちが守りますから」

って。

私、確かに、これまで働いたいろんなところで例外を認めてもらってきたけれど、これには驚きました。

「私、どれだけ幸せなんだろう、、、」

思わずホロリって涙が出そうでしたよ。

その後、いざ実際に行くとなると、何時にどうやって迎えに行くのがいいのかな???って調べ始めて、

「あらまっ!これなら定時で走れば間に合うかも!!」

って、また驚くんですけど。

で、まぁ、そんなこんなで迎えた学童保育初日。暗い大通りに子どもの乗ったバスの電光掲示板が光って見えて、降り口の扉が開くと、いつものランドセルを背負った子どもと、一緒に降りてきたお友だち数人、そして指導員の先生が、みんなにっこり笑ってて・・・。

おかあさん、ほっとしましたよ~。

「たくさん遊べて、学校よりも楽しい!!」とか言ってるの聞いて、苦労が吹き飛びましたよ~。

帰宅した子ども、余程遊び疲れたのでしょうね。夕ご飯、ぱくぱく食べて、ロデオごっこして、エルマーのぼうけんの2冊目を読んだら、あっさり寝ちゃいました。

さぁ、明日も、チャイムと同時に退出だ~。

仕事、適当にやっつけるぞー。

|

« 私が朝に弱いのは | トップページ | 「明日、ママがいない」考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私が朝に弱いのは | トップページ | 「明日、ママがいない」考 »