« 困ったちゃんに好かれる | トップページ | 説明会行っちゃダメですよ »

2013年7月 9日 (火)

夏休みの社会科見学

子どもの夏休みの宿題に、そのまんま「自由研究」というのが出されるそうです。

嫌ですよー。まったくの自由とは。

私が教員をやっていたときには、ちゃんとテーマを決めて、素材なり、題材なりを提示して、

「たとえば、こんなのでも結構ですし、あんなのでも構いません」

と、具体例を挙げてやってもらったものです。

でないと、何をやっていいのか、困っちゃいますからね。

そしたら、今度、自分が親の番になったら、本当の「自由」研究になっちゃいましたよ。

どうするの?

工作?いや、やってられない。たいしたもの、作れない。

何かの調べ物?いや。子どもが、字を書くのを嫌がるよ、きっと。(読めても書け慣れていないので、たくさん文字を書かせようとするとキレるんです)

どこかの工場見学に行こうかと調べてみましたが、近郊にある殆どの工場は、もう夏休み期間の見学申込みを締め切っております。

困ったなぁ。

ねぇ。おかあさんの畑のことでもまとめる?

と言ってみたのですが、畑、子どもにしたら、最初から自分で植えたわけじゃないので、ただ収穫するだけなんですよね。それも、ちょっとつまらない、、、と思っていたら、今日、スポーツクラブの帰り、地下鉄の駅で、「夏休み社会科見学」というチラシが見えたので、一応1枚手に取って歩きながら読んでいたら、、、

これが、なかなかすごいんです。

1 某埠頭コンテナターミナル
  (国内最大級のガントリークレーンで世界最速のコンテナ荷役作業を見学)

2 某造船所(船を修理するドックを見学)
  ドックに船は入っておらず、ドック上部からの見学

3 某バス営業所(点呼実演、運転手・整備の仕事見学など)

普通の工場見学とは、スケールが違うぞ。お弁当もお茶も出るぞ。

早速、おかあさん、子どもに家にあったコンテナの絵本を見せて、

「このコンテナ君が実際に動いているところを見られるんだけど、行く?」

と尋ねたら、「行く」というので、すぐに電話しました。

「へへ~い。この夏、ガントリークレーンなんか見学している親子は、そうそういないぞ」

おかあさん、たまたま手に取ったチラシでいいもの見つけちゃいました。

これで、子どもが、スケールの大きな船の世界のことに興味を持ってくれたら良いのですけどね。(←ホント、海に生きる人になって欲しいと思い続けるばか親)

|

« 困ったちゃんに好かれる | トップページ | 説明会行っちゃダメですよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 困ったちゃんに好かれる | トップページ | 説明会行っちゃダメですよ »