« 続 隣の畑は、、、 | トップページ | 病児保育より病児休暇を »

2013年7月 4日 (木)

教室で読み聞かせ

昨日は、子どもの小学校の教室で、読み聞かせのボランティアに行ってきました。

あらかじめ、これまで誰がどのような本を読んできたのかがわかるリストをもらっていたので、そこになくて、ウチにあって、我が子も、教室の子どもたち皆も楽しめそうなのを、親子で決めて持って行きました。

教室に行きますと、はいはい、子どもたちがいましたよ。

先生は、臨時の会議で招集がかかって不在だったので、じゃぁ、その間に早速始めちゃおうかと、机を後ろに下げさせて、本が見えるあたりに座らせて、、、

と、思ったら、子どものいる学校、人数少なくて、私自身が教壇に立って教えていた子たちの半分位なんです。

「あらま~。ほんと、こじんまりとしているワ・・・」

で、2冊の本を、ちょっと丁寧に読んできました。

一応ね、子どもが帰宅してから、わざとらしく(いえ、わざと)聞きましたよ。

「おかあさんの読み聞かせ、上手だった?」

「うんhappy01

「これまでのおかあさんと比べて、どうだった?」

「一番happy01

ばかですねぇ。無理矢理言わせて、んで、喜んでおります。

「そう。じゃぁ、〇〇ちゃんのおかあさん、本読むのあんまり上手じゃないね、なんて言われなくて済むね」

と言ったのですが、、、

教室での読み聞かせの時も、一番前の特等席に陣取り、終わったら終わったらで

「もう、学校で読んだらダメだよpout

と言っております。

そう。そんなに、おかあさん、一人占めしたいんだ。

残念ながら、まだ年度末まで数回残っております。

隣のクラスにも行くのですが、そのときは、子ども、どんな顔するんでしょうね。

|

« 続 隣の畑は、、、 | トップページ | 病児保育より病児休暇を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続 隣の畑は、、、 | トップページ | 病児保育より病児休暇を »