« 魅惑のインドカレー | トップページ | 初勝利 »

2013年6月13日 (木)

いくらうまいと言われても

子どもが、剣道の練習に行くのを渋ります。

学校で思いきり遊んで帰ってくるので、それからの練習は、疲れてやる気にならないのです。

だから、

「行きたくない」

と言います。

「今日こそは、とりあえず行く、というのも嫌だ」

と言います。

でも、とりあえず行ってしまえば、平気なのも知っているので、冷静に、ひっつかまえて連れて行きます。(自転車で逃走していたところを連行)

警察署の階段を、5階の道場まで防具の入ったバッグを背負って上っていたら、喘息が復活しているおかあさん、しんどくなってきました。

子ども、さすがにいけないと思ったのか、私からバッグを取り上げて、自分で背負いました。

おかあさんが倒れたら、やっぱり嫌なんでしょうね。

そして、道場に着きましたら、もう礼が始まっていました。

皆が準備運動を始める中、子どもが先生のもとに私と行き、

「遊んで疲れちゃったから、今日は休みたいです」

と言いました。

「そりゃ、みんな疲れてるよ。先生だって、仕事してたから来るんだもん。おまえ剣道うまくて、せっかく来たんだから、やる気になったら着替えて、とりあえずできるところだけやったらどうだ?」

と言われて、隅に座っておりました。

しばーらく、着替えようともしない子ども。

「あのサ。後で着替えるってなると面倒だから、とりあえず着替えちゃいなよ」

と私。

一応、着替えました。

「ほら、まだ素振りやってるからサ。やってくれば?10分でもいいからサ」

で、10分の約束で始めたら、

「はい、面着け~!」

と言われれば、そのまま面を着けて、、、

結局今日も最後までやってきてしまいました。

やり始めれば、平気なんです。決して毎度毎度同じことを注意されるばかりで上達しないなんてこともないんです。

だけど、いくら上手と周囲に言われたって、稽古は稽古。余力で適当にやってるわけじゃないから、本人にとっては、きついんです。

先生に

「おまえ、なんだかんだ言って、今日も最後までできたな」

と笑顔で言われましたけれど、

「やりはじめれば平気なんだけど、こうして疲れるから、なかなか足が向かないんだよね~」

と言ったら、子ども、

「うん♪」

と頷いておりました。

帰りのクルマの中で、ご褒美にもらったチョコレートを食べながら、子どもが言いました。

「このチョコおいしいから、また1週間ぐらいしたら食べたくなりそうだな~」

(↑我が家では、特に意図した訳ではないのですがチョコのお菓子をあまり与えておりません)

「食べるのはいいけど、アナタ食べるとなると、そればっかりたくさん食べるから、困るのよね~」

そしたら、子どもが言うのです。

「あ!わかった!!剣道のご褒美でチョコをもらってそれだけを食べればいいんだ!!!」

はい。では、次からは、チョコレート目当てに剣道に行くことに致しましょう。

我が家では、チョコは買い与えません。(笑)

|

« 魅惑のインドカレー | トップページ | 初勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魅惑のインドカレー | トップページ | 初勝利 »