« 先生はヨットマン! | トップページ | 企業運営保育園の先駆け »

2013年5月 3日 (金)

学校と真実告知

里親さんの集まりで、私、あまり好きじゃないのが「真実告知」にまつわる話題です。

んなもん、どうだっていいじゃん。人によっては、あらかじめ校長先生に生活の時間で自分の生まれた頃のことを調べて来いというのをやめてもらっただの、10歳を迎える学年でよく行われる「1/2成人式」でやはり生まれてから今日に至るまでを感謝しろだのいうのを、やめてもらっただの、

「えっ!そんなのがあるんですか」

とまだまだお子さんが小さくて、学校のことなど知らずに驚く人がいてこちらがびっくりだの。

でね、ウチもね、一応、入学にあたって「担任に伝えておきたい事柄」というのがあったから、やれ親子に血縁関係はないとか、母子手帳は持ってるけど今の姓じゃないとか。書いておきましたよ。

で、今日、先生がいらして、改めて

「そういうご家庭では、いつ告知をするかとか、それにあたって配慮をして欲しいとか申し出るらしいのですが、ウチは、もう本人が十分わかっていますので、どうでも結構ですよ」

とお話ししたら、先生、

「あ。ウチの学校、そういう過去を振り返って、、、ということ、あまりしないんです。今やりたいこと、今やったことをどんどん皆に伝えよう、表現しよう、という方が盛んで、、、」

あらま。小さな学校だけど、やってることは最先端だわな、と驚きました。

どーりで。周囲で見かける子どもが元気なわけだ。

更に、今時離婚再婚は当たり前。片親も同様。子どもたち皆が親子に血縁関係があり、あたかも

「生まれてきたときには、おとうさんもおかあさんも喜んで、、、」

なんてケースばかりじゃないでしょう。

嗚呼、歴史が古くて地元密着。いろいろな事情があってここにやってくる家庭もあれば、外国人の家庭もある。それで、いい。

私は、そうした中に子どもを置いた幸せを、今日はまた別の側面から感じたのでありました。

|

« 先生はヨットマン! | トップページ | 企業運営保育園の先駆け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先生はヨットマン! | トップページ | 企業運営保育園の先駆け »