« ついに断る! | トップページ | 遠足のお弁当問題! »

2013年5月15日 (水)

面下を脱ぐ子ども

子どもの剣道が少しずつ上達して、防具の扱いでは、面をつけたり、脱ぐときの紐のうち、どこを引っ張れば良いか探れさえば、自分で解いて脱いで、籠手の上に置けるようになりました。

あとは、頭の上の手ぬぐい(面下)を広げて面の上に広げるだけ。

正座して、子どもが手にくるくると紐を巻いて面を外し籠手の上に置き、今度は面下を取って汗で髪の毛ぬれていたりするんですが、そんなことで髪の毛が逆立った状態で、面下をポロポロと振って広げ、そーっと面の上に被せて完成。

そして、全員で礼をして終わり。

その、面下を外して広げる姿に、今日は、

「いやぁ、立派になったもんだなぁ~」

と、嬉しくなりました。

子どもの面下は、防具を買ったときにおまけでもらった武道具屋さんのものなのですが、ちょっと生地が厚く、普通に洗濯機で洗濯して広げただけではシワシワになってしまいます。

で、この頃は、もう、あらかじめ自然乾燥でも、乾燥機に入れたときでも、とりあえず洗って乾かしてしまってから、1度水につけて絞って、そのままアイロンをかけることにしています。

これだと、しわのない、きれいな状態の面下がいつも手に入ります。

私、やれることに波があるので(笑)、やる気のあるとき、やるれるときに、ジャーっと濡らして、ジューッっとアイロンをかける。

「乾け、乾け。ピーンと乾け、、、」

うん。ちょっとだけど、気分の良い作業です。

|

« ついに断る! | トップページ | 遠足のお弁当問題! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ついに断る! | トップページ | 遠足のお弁当問題! »