« たまにはスポクラへ | トップページ | まるで糸電話 »

2013年5月26日 (日)

ついに子どもケータイ

毎日毎日、子どもが鉄砲玉で所在不明になるので、、、

もう、これ以上学校の職員室も、交番のおまわりさんのお世話になることもできないので、ペットの首に付けるように、GPSで所在確認ができる子ども用ケータイを導入することにしました。

子どもは、ケータイ、ケータイ!と喜んでいますが、実は、犬猫並み、もしくは、徘徊老人並み、ということです。

でも、人間なので、リアルタイムで所在がわからなければならない。徘徊老人よりも行動範囲が広いので、老人向けでも間に合わず、結局検討の結果、子ども用のGPSで位置情報が得られ、通話やメールのできる先が決まっていて、インターネットやゲーム、カメラなどの機能がない最新機種になりました。

これから、専用のポシェットを作って、子どもにいつも下げさせます。

自転車にくくりつける方法も考えましたが、歩いてどこかへ行くこともあるので、ダメ。

そもそも手ぶらですっ飛んで行くので、ケータイなど無意味と思っていたのですが、もう、無意味どころか、どうにかしてぶら下げさせるしか方法がなくなってしまいました。

んで、ケータイ屋さんに行きましたら、ものすごい時間待たされて。ようやく自分の番になったら、目的も機種もはっきり決まっているのに、あれやこれや選べるコースがあって、手続きに時間がかかる、かかる・・・。

どうにかして、買ってきましたよ。ケータイ。

おかあさん、おとうさん、おばあちゃんの番号も登録しましたよ。

電話をかけてもすっとぼけることがない、ハンズフリーの機能がついていますので、おかあさんが電話をかけると勝手に通話が始まり、おかあさんがしゃべり出します。

さぁ、これから、時間になるとしゃべり出すケータイをいつまで子どもが下げ続けてくれるか。

新たな戦いでございます。

|

« たまにはスポクラへ | トップページ | まるで糸電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たまにはスポクラへ | トップページ | まるで糸電話 »