« トロッコ | トップページ | 面を着けましょう »

2013年4月 6日 (土)

やった!男の先生だ

先日は、子どもの入学式。

もう。これまでずっと、保育園にはクルマで通っていましたし、子どももいい加減でいくら言っても自分の荷物を持たず、私に持たせていましたから、まだ背中に馴染んでいないランドセルが痛いだの重いだの。

ま。それはともあれ、入学式。

普通の小学校の入学式なのでしょうが、2年生が学校生活が楽しいよ、という歌を歌ってくれたり、来賓は、近所の町内会の会長さんや、郵便局の局長さん、PTAの会長さんなどで、本当に地域の方がお祝いに駆けつけてくれているんだな、という感じがしました。

祝電も、ウチの子なんか、卒園児の中で一人しか来ていないのに、わざわざ送っていただけました。感謝感謝でございます。

そして、国歌、市歌、校歌の斉唱がありましてね。ずっと私学で過ごした私は、同じ市民でありながら、誰もが知っている筈の市歌を知りませんで

「エヘヘ。やっぱり知らないやcoldsweats01

と苦笑い。

校歌の方は、創立100年以上になる古い学校なので、地元の立地や港町ならではの歌詞となっておりました。

で、クラス分けがわかり、教室に入ってみると、たった22人の小さな学級です。

先生は、若くて、まだまだ食欲旺盛。外遊びなんかガンガンやってくれそうなタイプで、私もおばあちゃんも、当然本人も、大喜びでした。

そして、たくさんの教科書や、教材を受け取って、帰りに町内会でお祝いをもらえるという桜並木の川沿いに行きますと、記念写真を撮ってから、プレゼントがもらえました。

なんとまぁ!子どもの名前の入ったホールケーキと、タオルや巾着袋など、学校で使うような品物です。

1304062

思いがけず、ケーキもらえちゃって、嬉しかったなぁ。

あ、そうそう。入学式の後、記念写真を撮るので椅子を並べ替えたりしている先生の中に見覚えのあるお顔が。

あらま!昨年の1・2月、病気の先生に代わってお仕事した小学校の、隣の席の先生ではありませんか。

記念撮影の後に、ちょっと御挨拶をしてきたのですが、先生も驚かれて。

ホント、世間は狭いです。

|

« トロッコ | トップページ | 面を着けましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トロッコ | トップページ | 面を着けましょう »