« それが私の性分で | トップページ | 困った人気者 »

2013年4月25日 (木)

兵糧攻め

子どもが、また、やらかしてくれました。

約束破りです。

もう、毎日、あの手、この手、やらかすことのバリエーションが少しずつ変わって、遂に、ぺこおかあさん、キレました。

もう、許さない。

「今度約束破ったら、家に入れないし、ごはんもあげないわよ!」

と言った約束を、実行しました。

幸か不幸か、オートロックの外で家に入れてもらえず困っているところに夫が帰ってきましたので、子どもは夫に泣きついて、帰宅することはできましたが、、、。

「もう、おかあさん知らないからね。ごはんは、あげません」

「あなたは約束を破るけど、おかあさんは、約束を守るから。約束通りごはんは、あげません」

「嫌なら、おばあちゃん家でも、警察でも、○○さんのところ(児童相談所)でも、どこでもいきなさい。ちゃんとごはんは食べさせてもらえるから」

「警察だったら、交番か、いつも剣道に行くときに通る左側のカウンターが少年係の人。○○さんのところだって警察と一緒で24時間営業よ」

「学校だって、行かなくたって、辞めたって結構。これからだって、まだ先生は学校にいるから、話に言ってあげようか」

「学校行かないと給食食べられないからね。お昼ごはんもなしだよ」

おかあさん、完全な兵糧攻めです。

「だったら、叩けばいいでしょ!」

「殺せばいいでしょ!」

いろいろ子どもは言いますが、私は、

「そんなことをしても何にもならないので、やりません」

と、突っぱねました。

昔、夫が、

「ぺこちゃんが黙って口を聞いてくれないときと、何も食べないときが一番怖い」

と言ったことがありました。

ええ。口を聞かないときは、怒りが絶頂のときで、何も食べないときは、死ぬ寸前です。

逃げ込む場所は、どこでもあるのに、子どもは、どこへも行かず家で私に訴え続けます。

不幸中の幸いは、子どもは、約束破りの前に、学校から一旦帰宅して、おいしいパン屋さんのレーズンロールを食べているので、まったくの空腹ではなかったことです。

「ヤクルト飲んでいいですか?」

と訊くので

「冗談じゃない。あなたにあげる飲み物なんかありません。お水で充分です」

と。まあ、恐い。

「そんなんだったら、おかあさんがおうちから出て行ってよ!」

と言うので、

「子どもだけを置いて家を留守にすると、警察に捕まるから、その前にちゃんと○○さんのところに預けなくちゃいけないの」

「あそこに行くと、その間学校には行けないよ」

もう、脅かし放題。でも、これも現実。

「どうする?」

「どこへ行く?」

内職のアイロンかけの手を止めない、恐~いおかあさんに、子どもは返す言葉がみつからず、ただ謝ることしかできません。

でも、問題は、謝って許してもらうことではなくて、似たような事件を起こさないカギを子どもがはっきりと把握することなのですが、これがなかなか難しい。

怒鳴って一発、げんこつ一つで理解できるのであればそうしますが、私自身もそうであったように、この位の年齢の子どもには、事件の一つや二つを経験して、少しずつ分からせるしかないように思っています。

|

« それが私の性分で | トップページ | 困った人気者 »

コメント

ママさん業、お疲れ様です( ・∀・)つ旦~~
「ダメなことはダメ」大事なことですよね。
小学生になると、そんなに口がたつようになるんですねぇ~
というより、頭が切れるお子ちゃまだからなのかな?

私も、怒ると黙るタイプで、何ヶ月でも黙りつづける(必要なことだけですます調で告げる)のでビビられます。
怒りが頂点に達すると食べないのも同じかな?(ハンスト起こします。一滴たりとも水も飲みません)
でも、ストイックな割に、自分にも他人にも甘々なので、
毅然とした態度で臨んでいるつもりでも、生徒たちには見抜かれてましたね(;´д`)トホホ
子どもにも見透かされそうだなぁ・・・

舞い上がっちゃって「同窓さんかも」って思いこんじゃってましたが、
出身校、違うみたいです。すみません。
実はもう免許状失効しちゃってるんですよ・・・
更新しなきゃと思いつつ、10年以内に使うこともないかも?という気もして、気も重いし、腰も重い・・・

投稿: みさ | 2013年4月26日 (金) 14:48

みささん、どうも~♪

子ども、アタマも多少キレるかもしれませんが、糸のキレた凧のように、どっかへ行っちゃうのも、叱られると逆ギレするのも厄介です。

ま、私の経験からすると、大人の手を煩わせる位でないと大物にはならないのですが、すでにデカ過ぎです。

教員時代の私は、今思えば厳し過ぎたかな。
いつも厳しく指導していたから、ぺこ先生が褒めてくれるときは、御世辞ややらせではなく、本当に良くできているときだ、と、子どもたちは思っていたようです。

教員免許の更新は、していなくても失効にはならないんじゃないのかな?
是非教育委員会に問い合わせてみてください。
電話一本で、知っているのと知らないのとで全然違いますから。

投稿: ぺこ | 2013年4月26日 (金) 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それが私の性分で | トップページ | 困った人気者 »