« 迷うと「困る」親ごころ | トップページ | あらしのよるに »

2013年4月12日 (金)

想定外の事件

子どもの学校では、放課後、学校の空き教室や校庭、体育館などを使って、ボランティアの先生が子どもの遊びを見守ってくれる制度があります。

「勉強は私が見たいから、学童保育じゃなくて、こっちで遊ばせてもらうだけでいいワ」

ええ。夕方4時でも5時でも、最長は7時まで。費用もかからず、夏休みにもやっているのだそうで。

「これなら、いつも自転車で遠くの公園まで行って、大きな子と遊んでけがされるのより余程安全だし、安心だワheart04

と、思っていたのですけどね。

そして、一年生が利用できる初日から、学校が終わったら、とりあえず帰宅して、家での勉強や翌日の用意をして、それから、また学校で遊ぶことにして送り出していたのですけどね。

今日、ふと、子どもが持ち帰ってきた、そのクラブのカードを見てびっくりしました。

「○○クラブには、自転車に乗って来ないことになっているので、そのようにご指導ください」

え゛!!!

あなた、学校、あんな急坂の上にあるっていうのに。

学校、あんなに近くだっていうのに。

よりによって、自転車で行ったの~~~~~?!?!?!

もう、呆れるやら、恥ずかしいやら。おかあさん、完全に想定外。してやられました。

「どうでもいいから、歩いていってちょうだいっ!」

ぺ「それで、あの坂は、どうやって上っていったの?」

子「自転車に乗ったまま」

ぺ「じゃぁ、帰りは?」

子「自転車でね、こうやって、びゅ~んってね、曲がってね、、、」

どんだけ危ないんだかbearing

もう、新入生は、徒歩の登下校さえなるべく付き添ってくださいと言われているのに、ブレーキかけ損ったら簡単にクルマにはねられちゃいそうな所で自転車乗らないでちょうだいっ!!

ったく。

親の顔が見てみたい。

というか、昔の私と一緒だ。bearing

|

« 迷うと「困る」親ごころ | トップページ | あらしのよるに »

コメント

こんにちは。
そんな素晴らしい取り組みをされている学校なんですか!
ビックリです!!
先生方は大変でしょうが、親としてはとってもありがたいですよね。
それにしても、子どもって自転車大好きですよね(笑)何事も無くてよかったconfident

こちらも臨時採用の教員は多くて需要はあるのですが、ほとんどが期限付の常勤なんですよね。子どもを迎える前に声をかけて頂いたこともあるのですがやっぱり期限付でした。
期限付となると、中学だと部活があるもんで、帰宅時間は遅くなるし、土日返上ってことも珍しくないので・・・引き受けるからにはとことんやりたい性格ですしcoldsweats01
正規職員なら年度初めの校内人事で母教員には配慮してもらえる(土日活動してない部活の顧問とか)でしょうが、非正規となるとねぇ・・・
非常勤講師があれば願っても無い話ですが、私の教科では聞いたことがないなぁ・・・。高校ならあるかも?だけど、その前に免許更新しなくちゃ、なんですよ(笑)
まぁ、せっかく(?)辞めたので、節約生活でなんとかなるうちは主婦業&子育て楽しみたいと思います(・∀・)

保育士さんもやりがいのあるお仕事なんでしょうね~
因みに、私は保育士資格は持っておりませんが、母が一時期パートタイムで保育士をしておりました。
いつも身体が痛いと申しておりました。
どうぞ週末はゆっくりお過ごし下さいね。

投稿: みさ | 2013年4月13日 (土) 13:36

みささん、こんにちは♪

常勤が殆ど、というと、いわゆる主要科目ですよね。
私の出た大学の通信教育課程では、中学高校の教員免許は、副科も副科。ひどい学校だと専任の先生もいないような科目だけしか取れないので、やはり別の大学かもしれませんね。

常勤となると、小学校と一緒ですよね。
子どもが帰った後に、やることがどっさり。
私も、それで教員を諦めていますから・・・。

免許の更新は、私は昨年の春休みに済ませました。
このブログにも書いたかな?(もう忘れてる)

期限を逃すと面倒なので、やりやすい方法で済ませておかれると良いですよ。
私のは、パソコンを使ってのe-ラーニングでした。お子さんが小さいと、なかなか講義を受けに行くのも大変ですからね。自宅のパソコンで空いた時間(子どもが寝ている間)にできるのはカンタンでした。

あ!そうだ。いっそ専門外で興味もないでしょうが、私がみささんと同じ立場だったら、非常勤で働けそうな科目の免許状を取るかもしれません。

そういうことをするからお医者さんから叱られるのですが(苦笑)、それもまたアリですよ。(笑)

投稿: ぺこ | 2013年4月17日 (水) 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 迷うと「困る」親ごころ | トップページ | あらしのよるに »