« 十代ですか | トップページ | あれから4年経ちました »

2013年3月28日 (木)

竹刀1本目は部品取りに

子どもの力が強いらしく、ついに1本目の竹刀が割れて、部品取りになりました。

もう、次回からは、予備で用意していた新しい竹刀を使い、今度、その竹刀が割れてきたときに、これまで使っていた竹刀の竹を組んで、作りかえていきます。

「1ヶ月位でこうなるってことは、おかあさん、この子、だいぶ力が強いんですよ」

そうですか。そりゃ、スイミングもやってるし、毎日プロレスごっこですし、何より外遊び大好きですからねぇ。

そして、もう少し上手になると、今はバンバン力まかせにぶち当てているだけなのが、スパンと決まるようになり、そうなると、こんな勢いで竹刀が折れずに済むのだそうで。

ええ。こんな調子で竹刀を割られたら、たまったものではありません。

でも。力が強いとか、飲みこみがいいとか、褒められることが多くて、子どもは剣道教室に通うのは、疲れるけれど楽しいようです。

「あなた、やったらやった分上手になれて、よかったねぇ」

これが、毎度毎度、同じことばかり繰り返し注意されて上達しなかったら、通うのも辛くなったと思うのです。

そうそう。胴と垂れも着け始めました。

ちょっと立派になりました。

まだ2ヶ月ちょっとなのですけどね。

帰宅して、ピンチのハンガーに、防具や袴を一つ一つ、一式ぶら下げて、リュックが空になるのを見ると、なんだかおかあさん、

「今日も、頑張ったねぇ~」

って、嬉しくなるんです。

このまま続いてくれるといいんですけどね。

|

« 十代ですか | トップページ | あれから4年経ちました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十代ですか | トップページ | あれから4年経ちました »