« 新兵器導入 | トップページ | 久しぶりに、、、 »

2013年1月15日 (火)

剣道始まりました

先日。子どもと自転車で小児科に行き、水ぼうそうの治癒証明をもらい、

「もう、移らないから、どこへ行っても大丈夫だよ」

ということで、帰りがけに、そのまま武道具屋さんに寄って、剣道の道着と袴、そして竹刀袋を買いました。

夕方になって、夫も行くというので、3人で警察署に向かうと、あらあら、酔い過ぎて困ったちゃんになってしまったのでしょうか、おじさんが、何人ものおまわりさんに囲まれながら警察署に入って行くところでした。

そして、私たちも一緒になって警察署に入り、道場に向かいますと、まあまあ!今度は紅白の横断幕でございますよ。

「そうか。新年の稽古はじめだもんね」

思い出します。高校時代、1月にはお汁粉が食べられるというだけで、体育の選択種目に柔道を選び、結局受け身しか覚えられなかったあの頃を。

「ここでも、お汁粉、食べるのかなぁ~」

おかあさん、ろくなことを考えません。

で、道場に入って、先生に挨拶をすると、幹事のお母さんから道着を着させてもらい、

「あらら。竹刀がこれでは短いわねぇ」

ということで、夫が急遽武道具屋さんに行って「道場では○○と指定された」と伝えて交換してもらうことになり、、、

そのうち、皆さんでの御挨拶、準備運動と進み、

「ほほ。それらしくやってるじゃん」

と喜んだのもつかの間。恐怖の個人指導での「お稽古」が始まりました。

まずは、竹刀の持ち方。おっと、その前に、道場に入るときの礼の仕方。そして、竹刀の構え方、そして、座り方と立ちあがり方。んでもって、正座をしての礼の仕方。いよいよ立って、今度は、基本の基本、足の進め方。

剣道の足は、すり足が基本で、相手につま先は見せず、常に右足が前、後ろに続く左足は、右足のかかとあたりで止まって、その足と足の間は握りこぶし1つ分ぐらい開けて、

「はい、進む。はい、つぎ。はい、進む。はい、次、今のは出過ぎ!はい、進む。はい、次・・・」

と、しばーらくやっていましたでしょうか。

子どもが、こっちを向いて

「こんなの、聞いてないよー。同じことばっかりで、やってられないよー」

とでも言いたげでしたが、でも、基本は基本。足が真っすぐ進められないことには、何も続きません。

そして、少し足の練習をしては、正座をして皆さんの練習を見学。少し練習をしては、見学、というのを繰り返し、、、

そのうち、

「剣道では、座るときには、正座かあぐら。ヘンな格好では腰を下ろさない」

と、教えられ、普段保育園では、もっぱら三角座り(いわゆる体育座り)をしている子どもには

「そんなことまで決まってるの~?!」

てな、何から何まで決められている、恐ろしい世界なのでした。

傍で見ている私も、正座をしていると足がビリビリしびれます。おちおち足もくずせません。

さて。そんなこんなするうちに、先生交代。おじいちゃん先生が、腰に竹刀を当てて前に進ませたり、竹刀を構えて、

「えいっ!」

と、大声を出しながら進ませたりしています。

そしたら、これまでのうっぷんでしょうか。それはそれは遠慮も何もない大きな声で、一歩、一歩進みますです。

「へー。声は一丁前だねぇ~」

と思いながら、おじいちゃん先生の指導のうまさに感心するのでした。

で、よーやく稽古終了の時刻になりまして、先生から今後のスケジュールの説明。

「次回は、この道場の稽古初めになるので、朝から柔道の人たちと一緒に集まって、試合をして、その後お汁粉をいただきます。○○くんも来てください」

あらま!まだ試合も出来ないうちの子も、お汁粉いただけるんですか。

おかあさん、

「あなた、4月の新入部員募集まで待たずに入れてもらってよかったねぇ。春まで待ってたら、お汁粉食べるのも、稽古初めを見るのも、ずっと後だったよ」

と、思わず心の中で微笑んでしまいました。

で、子どもを着替えさせて、御挨拶をして、3人で帰路につきました。

「ずっとおんなじこと言われながら、よく最後まで頑張ったねぇ~」

「途中で嫌になっちゃいそうだったのに、よくやって、偉かったよ~」

一応、褒めておだてて続けさせるしかありませんからね。

「さぁ、今度は、稽古初めで、お汁粉だよ~~~」

あらら。ほんと、おかあさん、30年前と同じことやってるよ。coldsweats01

|

« 新兵器導入 | トップページ | 久しぶりに、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新兵器導入 | トップページ | 久しぶりに、、、 »