« 似たもの家族 | トップページ | 干し柿づくり »

2011年11月29日 (火)

メダカに金魚

我が家の子どもは、水と魚が大好きです。

泳ぐのも、お風呂も、魚を釣るのも、飼うのも、食べるのも。

夏は、金魚すくいに燃えました。

2年前、我が家に来たばかりの頃には、ちっともすくえなかったのに、お祭り好きのおばあちゃんにコツを教わって、今ではヒラヒラの重たい金魚も平気ですくってしまいます。

で、先日は、近所で酉の市がありまして、縁日の金魚すくいで7匹もすくい、そのうち3匹持ち帰れるというので

「おかあさんが、ひれがヒラヒラしてるのを欲しがってた」

と言って、

1111292こんなの2匹と、黒い出目金の3匹をもらって帰ってきました。

また、ある日は、メダカを飼いたい飼いたいと、これまたおばあちゃんと散歩に行った帰りに駄々をこねまして。

「アイスはいらないから、お願い。おばあちゃん、メダカ飼って」

と懇願して、メダカさん10匹も飼ってきちゃいました。

「もう、お世話できないヨ、おかあさん

といいながら、毎日覗いておりましたら、そのうち大きいメダカと小さいメダカに分かれてきまして、よくよく見ましたら、大きいののおしりには卵がくっついているじゃありませんか。

「もうちょっとしたら、水草に産むからね。そしたら、別の容器に移してあげないと、メダカさん卵食べちゃうのよ」

で、来る日も来る日も覗いておりましたら、大きなメダカ(メス)に卵がついていない朝が来ました。

「それ来た!」

と、おかあさん、お醤油の入っていたペットボトルを半分に切って、水を入れ、水草を1本1本取り出しては、卵を探し、卵がみつかるとその水草をちぎって移す作業を繰り返しました。

「20個は、あったかなぁ~」

そう思いながら、プラケースを元に戻しましたら、まだ1匹、卵をつけたメスがいるのに気付きまして、、、

「んーーー。これは、オスと一緒に別の容器に入れればいいか」

と、卵をつけたメスと、やせっぽちのオス、そして水草をコーヒーの空き瓶に入れて出掛けました。

「卵、これでちゃんと産んでくれるのかしら?」

夕方帰宅しましたら、ありましたよ。産みたて卵と、産卵後の大きなメスと、変化のないような(?)オス。

1111291写真の中央にぶらさがっている卵、ご覧頂けるでしょうか。

「これで赤ちゃんメダカが孵ったらうれしいね♪」

こんな季節でも部屋の中なら、メダカは卵、産むものなんですね。びっくりしました。

|

« 似たもの家族 | トップページ | 干し柿づくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 似たもの家族 | トップページ | 干し柿づくり »