2019年9月10日 (火)

髪型にこだわりはじめ

子どもが、今日は床屋に行くと自分から言い始めました。

いつもバリカンとハサミで「ちょっと前髪を残したスポーツ刈り」にしてもらい、何ヶ月も伸ばし放題なのですが、


今回は、

「1.5センチ切ってもらうだけにしよう」

と、長さの指定が入りました。


こうして、少しずつおしゃれになって行くのでしょうね。


生意気ですが、まだお母さん床屋に同伴です。


そのうち、一人で、好きな髪型にしてくるのかな。


お母さん、おじさんばっかりの床屋さんに行くの、恥ずかしいんだけど。


早く一人で行ってくれないかしら。

| | コメント (0)

2019年8月24日 (土)

突然の海外遠征

母を見送った頃。

子どもの所属するヨット連盟から連絡があり、海外遠征に派遣されることになりました。

「ち、ちょっとお時間頂けますか?」

思わず出たのは、

「休暇も費用もないよー!」

の心配からでした。

「でも。断る訳には、いかないよね、、、」

来年、再来年はありますが、運良く選ばれるとは限りません。

ただお金を払えば行ける旅行とは異なり、日本人選手の代表としての出場です。

「私達も行ったことのない距離の国だけど」

「行くことにしよう!」

頂いた5分の間に夫と相談して、連盟に返事をしました。

それから、いろいろありました。

パスポートを取りに行ったり、

ほかのメンバーとLINEで連絡を取り合ったり、

航空券を手配したり、

ユニフォームを決めたり。

毎日が準備で、その合間にも集まって練習をしたり、

レースがあったり。

あんまりスケジュールがハードなので、今回は、夫と子どもだけを参加させる機会を何回も作りました。

そしたら、何かこう、子どもが逞しく思えてきました。

私の手を離れた所で頑張っている。

感慨深いものがあります。

今年の夏は、きっと背の高さがグンと伸びて、私を追い越すことでしょう。

そして、私達の予想を越えた経験をすることで、心も大きくなる気がしています。

今日も、仲間が全国から集まって練習合宿をしています。

同行しているお母さんからの写真や、お父さんの指導が本当にありがたいです。

私も、家で家事&リフレッシュ。

がんばろう、っと。

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

母を見送って

母がホスピスに移って約半年。

好きなガーデニングも楽しんで、最後の一月は寝たきりで、母は息を引き取りました。

元気な頃から延命治療を拒んでいましたので、最後まで酸素吸入以外は、点滴も何もなく、身体の水分が抜けて枯れるように、安らかに亡くなりました。

亡くなる前には、多忙な兄も幾度となく面会に来てくれ、心強く感じました。

葬儀では、お花の祭壇を大きくして、お花いっぱいのお葬式となりました。

ラストメイクは贅沢かな、と、思ったのですが、本当に眠っているかのように血色よく仕上げていただいて、悲しいというより心から安堵するお別れができました。

長年ひとりぼっちで生きてきた母の最後を、ひとりぼっちにさせてはいけない、との思いが私には強くて、その役目が無事に果たせたように思われました。

今の職場には介護休暇の制度があって、これにも随分助けられました。

さあ。あとは、母の荷物の引き上げと、納骨です。

生前、公営の納骨堂を申し込んでいたので、それも役に立ちました。

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

部活始まる

子どもの部活が始まりました。

クラスで誘い合って、入ったらしいです。

運動部で、高校生と一緒なので、なかなかハードみたいですが、先日は、コーチに褒められて嬉しそうに帰ってきました。

部活は、6時まで。

それから電車で帰宅するので、子どもが家に着くまでの間、私ひとりで過ごせる時間ができました。

ちょっとだけ、お茶飲んだり。

ニュースを見たり。

お昼寝したり。

片付けしたり。

ああ、こういう時間、ずっとなかったなぁ、、、と思いました。

鳥さんたちがエサを食べる音しかしないので、仕事も捗ります。

さあ。今日は、何といって帰ってくるかしら。

連日筋肉痛で疲れるけど、楽しいみたいです。

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

中学生のお勉強

結局。

中学生になった子どもの、勉強を見ている私、、、。

何の為の受験だったのか。

受験勉強をしていたあの頃、さんざん

「お母さん、中学の勉強は見てあげられないんだからね」

と言っていたのに。

英語教えたり、数学教えたり。全くできない地理まで教えて。

来月には、期末テスト。

それが終わったら、短縮授業。

終業式の前に、山盛りの宿題。

さあ、子どもよ。

今年の夏は、勉強だぞ。

覚悟しておけ!

| | コメント (0)

2019年4月29日 (月)

そしてオーナーさんへ

なんとか母の部屋を片付け、不動産屋さんに鍵を渡し、私たちは「オーナーさん」になりました。

あっという間に入居予定者も決まり、あとは、ハウスクリーニングが終わるのを待って入居してもらうだけです。

これで、毎月のローン返済と管理費等の支払い一辺倒から、家賃収入から諸々差し引いても黒字になる日々へと変わります。

私たちが子育てを始めて、向いにマンションが建つことになり、そこに母を呼び寄せて住まわせ、あっという間に8年が過ぎました。

その頃は、まだまだ母が長生きするものだと思っていたので、賃貸に出すことはまったく考えていなかったのですが。

昨年、母が肺がんであることがわかり、骨転移していることもわかり、つまりは末期ということが判明し。

人間だもの。急に状況が変わる、ってことは、あるのですね。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

掲示板で終活 2

母の部屋にあったものが、次々と新しい持ち主へと引き取られて行きます。

昨日は、ひとり。

今日は、ふたり。

明日がナシで、

明後日が、5人!

もう、いろんな方とバシバシやり取りをしているので、何が何だか。目が回ります。

家具が一つ、また一つなくなって、母の部屋は、どんどん広くなり。

こんなに広かったんだ、と、改めて思ったり。

電話でしか様子を知らない母は、寂しさもあるようですが。

まだまだ新しい持ち主と会わなければならない私としては、それどころではありません。

明後日は、ガス会社の方が解約にもいらっしゃいます。

もう一息。頑張らねば!

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

掲示板で終活

母の部屋を賃貸に出すことになり、少しずつ不用品の処分をしています。

衣類や雑貨、食品は捨てるだけですが、家具や家電、調理器具等を掲示板に載せると、案外引き取り手が見つかるので驚きました。

私の不用品は、フリマ。

母の施設入居に伴って不要になったものは、掲示板。

今まで一番人気があったのは、ステンレスのお鍋。

思いがけず人気だったのは、おひつ。

大切に使っていただけるのは、プライスレスの価値があります。

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

鳥さんの箸置き

最近、ネットのフリマやオークションで不用品を売るようになりました。

断捨離の一方で、あの3.11の地震で殆どが割れてしまった、今は廃番の食器たちが愛用者の中で取引されていることを知り、少しずつ買い足してもいます。

そんな中、箸置きにもこだわりがありまして、迷いに迷った挙げ句、白山陶器のその名もラブバードというのが売りに出ていたので買わせてもらうことにしました。

我が家の食卓にお箸置きがなくなって、もう8年。

届いた運んでから出てきた鳥さんたちが可愛くて。食卓に置いてお箸を乗せたら更に可愛くて。

運良く5つセットでしたので、家族は勿論来客があっても使えます。

さあ。お箸置きも、食器も、かつてのように揃ってきました。

我が家の復興も、長い時間をかけてようやくここまできました。
1552101646957.jpg

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日)

フリマにて

最近、家政婦さんと家の片付けをしている私は、いろいろと捨てるにはもったいないモノに出会うようになりました。

先日も、いとしのサザンオールスターズの20年も前のグッズが未開封のまま出てきて、捨てる訳にもいかず、保留にしていたのですが。

夜になってフリマのアプリを開きましたら、なんと、平気で取引されてるではありませんか。

「買う人がいるんだ、、、!」

驚いて、早速出品してみたら、ものの1分もしないうちに売れてしまい、更にびっくり。

すぐに送りまして、翌日。買い主さんがメッセージをくれました。

「ずっと探していました。春からのツアーで使わせていただきます!」

私、それを読んで、コンサートに行けなくなった私の代わりに、新しい持ち主と一緒にコンサートに行ってくれるんだ、と思ったら、嬉しくなりましてね。

コンサートに行くたびに、
「私もアレ、欲しいのよネ」
って、ずっと思ってた人がいたんですね。

なんか、こう、フリマの醍醐味を知った思いです。

| | コメント (0)

2019年2月 7日 (木)

中学受験を終えて

先日、子どもの中学入試が終わりました。

結局、塾も家庭教師もなし。

習い事も、中断せず。

入試前日まで、毎日登校。

同じ学校を複数回受験の覚悟でしたが、運良く初日で合格。

なんとも経済的な受験でした。

そして、気を良くした子どもは、入試の後、毎日漢字や英語、数学の初歩を私と行うようになりました。

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

飛びます飛びます

その後のグーちゃんは、毎日放鳥を楽しみにして、ビュンビュン部屋の中を飛んでいます。

しょっちゅう壁や窓にぶつかっていたオカメさんと異なり、すぐに部屋のつくりを覚え、ぐるぐる飛び回っています。

「おかしいな。ペットショップの人は、飛ぶのは得意じゃない、って言ってたけど、、、」

よく飛ぶし、よくぶら下がるし、よく遊びます。

よく人に馴れるし、よく食べるし、よく糞をします。

まだはっきりとは、しゃべりませんが、こちらの言うことはわかるようです。

| | コメント (0)

母はホスピスへ

がんで入院していた母は、抗がん剤や放射線の治療を終えてホスピス型のシェアハウスに入居しました。

一人暮らしの自宅に戻ることも検討しましたが、自力で炊事ができても足が不自由で運べなくて断念。

看護師さんが24時間いるシェアハウスで食事の提供や訪問介護、訪問看護、お医者さんの往診等を受けながら過ごすことにしました。

入院中は相部屋で、お互いの生活音を気にしていましたが、個室になり、携帯電話のマナーモードを解き、テレビのイヤホンとも別れ、伸び伸びとしています。

若いうちに家を出る程ですから、母なりの苦労は物凄くあったでしょうが、大病の果に穏やかな環境に落ち着いて、これまでの苦労も忘れたかのようです。

そして、その母を見て、私も落ち着きを取り戻しつつあります。

親孝行、とまではいかなくとも、親が自分の余生に満足している姿を見るのは子どもにとって幸せなことなのだと改めて思いました。

今日は、差し入れにお菓子と果物が欲しいと言われ、スーパーから電話をすると、お煎餅にチョコ、ポテトチップスにコーヒー、柿にみかんにとカゴ一杯。

山盛りのお菓子に囲まれて幸せそうにしていました。

| | コメント (0)

2018年10月31日 (水)

肩に止まります

放鳥時のグーちゃんのお気に入りは、テレビの上です。

部屋の中をぐるぐる飛んで、上手いことテレビに止まります。

でも、糞もテレビの上でしてくれるので少々困りもの。

オカメさんたちは、テレビには止まらなかったので、想定外の糞害です。

一方、家族誰の肩でも、ずーっと止まっています。

1540977473481.jpg

写真は、肩の上で寛ぐの図。

オカメさん同様、顔や頭を描いていると、延々ねだられます。

| | コメント (0)

互い違いに出す足

グーちゃんの放鳥時。

止まり木で遊んでいるときの様子です。
1540936885410.jpg
ピントがボケていますが、足が横ではなく、互い違いに前に向かっているのがわかりますでしょうか。

サザナミさんは、飛ぶのが下手と聞いていたのに、グーちゃんは、部屋の中を器用に旋回して着地します。

まだケージではなく水槽に入れていますが、手乗りのケージで過ごすようになったら自分でケージに戻るように躾けたいな、と思っています。

| | コメント (0)

2018年10月28日 (日)

サザナミさんの糞

サザナミインコは、よくお水を飲むので、便には水分が多く出る、と、ペットショップで聞きました。

ブリーダーさんも、そのとおりと仰っていました。

で、我が家のグーちゃんが水分の多い便をするので、当初はペットシーツやバードシート、そこまでいかなくてもキッチンペーパーを使ったらどうかな?と考えていたのですが。

結局、新聞紙を使っています。

正直、新聞紙では、水分多くて随分下まで湿ってしまいます。

朝と夜、敷紙を交換して、ヒーヒー言っています。

今は、まだ水槽なのでサイズも変則的ですが、カゴに移したら、勿体ないと思っていたペットシーツを検討しようと思います。

あ。モピとケイですか?

ずーっと新聞紙です。

| | コメント (0)

2018年10月26日 (金)

粟の穂投入

今日は、小鳥の病院併設のショップで、餌をいろいろ買ってきました。

まず、さし餌用のパウダーフード。

それから、燕麦。

そして、泣く鳥も黙る?粟の穂。

久し振りにモピとケイにも入れましたら、もう、

「オカメまっしぐら」

で、パリパリポツポツ新聞紙に殻が落ちまして。もう雨が降っているようでした。

もちろん、グーちゃんにも入れました。

201102601

グーちゃん、食べるのはもちろん、ここで粟の穂の茎を引っ張って遊んでいました。

ショップでは、ケージに引っ越した後用の餌入れとか、テントとか、ロープパーチとか、買いたいものはあったのですが、

「ま。ケージを買ってからでいいか、、、」

と餌だけ買って帰ってきました。

そうそう。お店のレジのお姉さんと話していたら、お姉さん、サザナミさんが大好きだそうで。

サザナミさんは、まだ飼っているお客さんは少ないそうです。

はい。私も、モピやケイを飼い始めた18年前には、聞いたこともありませんでした。

| | コメント (0)

2018年10月24日 (水)

ひとりででてくるもん

グーちゃんが、放鳥中にテレビの後ろに落ちてしまい、
「やばい。出さなきゃ」
と思っていたら、こつこつ爪の音がして、自分で出てきました。

「ひとりで出られるの?!」

墜落したら、自力での脱出不可能なオカメさんと異なり、グーちゃんは平気な顔をして足元に戻ってきてビックリしました。

水槽に入れていた小枝の上では、互い違いに足を出して
「チヨコレイト」
と歩きます。

枝の先の曲がった所で、鉄棒のようにぐるりと前回りをしたり。

枝がガタンと揺れると、シーソーのように動くのを楽しんだり。

およそオカメさんなら怖がってしそうにないことばかり。

「へー。これが、小さい体に強い足ってことなんだ」

まだウチにきて1週間も経っていないのですが、できること、じゃんじゃん増えてます。

| | コメント (0)

2018年10月23日 (火)

グーちゃん

サザナミさんの雛の名前は、グーちゃんになりました。

今朝のグーちゃんは、紙ひもにじゃれて遊んでいました。

2018102301

この3日でグーちゃんが初めてやったこと。

皮つきシードを剥いて食べる。

初フライト。

私の指にしがみついて、飛ぶ練習。

私の肩に止まる。

指から指に、渡り歩けるようになる。

「グーちゃん」と呼び続けたのを覚えたのか、「グージャン」みたいな声で鳴く。

ブリーダーさん宅では58gあった体重が、今は53gです。

飛ぶようになって、さし餌もあまり食べなくなり、どんどん体を軽くしているみたいです。

グーちゃんは、足の力が強いので、部屋の中で変な所に飛んで行っても、そこにあるレジ袋とか、引き出しの取っ手とか、とにかく掴めるものにしがみついてぶら下がって止まります。

もっぱら不時着のオカメさんとは、違うところがいろいろあって面白いです。

歩く足もハの字で、オカメさんのように体を左右に揺らすことなく、まるでネズミのように速足で歩きます。

| | コメント (0)

2018年10月21日 (日)

サザナミインコ

サザナミインコを選んだのは、10年前後という寿命がありました。

我が家のオカメさんは、すでに18歳と17歳。まだまだ元気で、20歳は充分いけそうです。

その一方、新しい家族が20年以上生きるとなったら、正直、その頃まで私たちが世話をしてあげられるか不安がありました。

そして、まだ珍しいサザナミさんには、オセアニアの乾燥地帯でビュンビュン飛んでいたオカメインコとは全然違う、湿った高地で飛ぶというよりワシワシ歩いて水を舐めていた面白い生態がありました。

「へー。こんな鳥さんもいるんだ」

おまけに、おしゃべりもする。

宝石のような美しい羽根の色も魅力的でした。

ただ、ペットショップで見かけるサザナミさんは、あまりにも高いので、今回はブリーダーさんから直接お迎えをしました。

色や性別が選べたので、

「何色でも良いのでオスを」

とお願いし、縁のあったのがコバルトのオスでした。

サザナミのオスは、尾羽の真ん中に1本だけ黒い羽根が生えます。

その特徴がはっきりと出ていたので、早速お迎えに上がり、やってきたのがこの子という訳です。

2018102101

今朝の体重53g。

差し餌をして56g。

キョキョキョと差し餌を飲み込んだオカメインコと異なり、サザナミさんは、ペロペロこれまた舌を使って飲むのでびっくり。

オカメさんたち同様、顔のまわりをカキカキすると、頭も耳も頬っぺたも、嬉しそうにしています。

まだ何をしても全然嫌がりません。

| | コメント (0)

«新しい家族