2020年6月29日 (月)

鳥さん高いごはん 再び

今日も、鳥さんたちのごはんを買いに行きました。

みんなが食べるシードを3袋。

モピが食べるペレットを2袋。

ケイが食べるペレットも2袋。

車で行ったから良いのですが、これがかなりの重さで。

犬のエサかと思う量でした。

春にも買っているので、3〜4ヶ月に一度、買いに行っている計算になります。

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

筍やらふきやら

八百屋さんは、春ですね。

春キャベツに、新玉ねぎ。

今年は、コロナの影響で料理屋さんが使う食材が安く出回っているようで、生の筍がお安いです。

少し前から気になっていた、ふきも。お手頃です。

で、先日。筍をあく抜きして煮てみました。

我が家では、手のかかる食材はご馳走ですから。夫が嬉しそう。

後日、ふきにも挑戦。

あんまり長いので、レジで半分に切ってもらいましたが、そんなことをしてもらうのも久し振り。

こちらも茹でて、皮を剥いてから、油揚げと煮まして。

「20年振りかもしれない!」

と、喜んで食べたのは私です。

今でないと食べられない春の味。

次は何年後?

何回できるかな。

| | コメント (0)

2020年3月31日 (火)

鳥さんの、高いごはん

今日、鳥さんの餌を買いに行きました。

モピ用に、ローファット。

肥満なケイ用に、治療処方のダイエット食。

そしたら、お会計1万円。涙

隣のショップでシードを買って、グーのペレットを通販でポチッしたら、また1万円。

ま、モピ、今年で20歳だからいいんですけど。高いペレットのお陰だと思うんですけど。

高いよー。涙

| | コメント (0)

ああ、驚いた

最近知って驚いたこと。

教員時代、とてもお世話になった先生が亡くなっていたこと。

教え子が、てっきり大学卒業して順調に就職しているのだと思っていたら、中退していたこと。

14年も掛かって卒業&教員免許を取った大学が、今は小学校の教員免許が取れなくなっていること。

ああ、こんな風に、いつまでも、何事も、当たり前でなんか続いていかないんだなあ。

それにしても、驚いた。

| | コメント (0)

2020年3月 3日 (火)

今年も海外遠征に

行くことになりました。

今度は、初めてのヨーロッパです。

行き先が決まったら決まったで、連日宿や交通機関をネットで調べて疲れたので、久し振りに「地球の歩き方」を買いました。

ネットに比べると時間が短くて済む分、本の情報は安上がりかもしれません。

行き先は、素敵な街なので、穴が開くほど読んで、みーんな覚えてしまいそう。(笑)

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

そんなに家を出させたいのか

子どもの進路で、寮のある学校の話になり、子どもはタイトルのようなことを言っていました。

「そんなに行かせたいのか」

まるで、自分を追い出したいとばかりに!と。

子どもは、寮生活なんかしたくないのだそうです。

部活にどっぷり浸かる生活も、嫌なんだそうです。

「そうかなぁ。私だったら、行っちゃうけど、、、」

そこが、親は親。子どもは子ども。別人格、ということなんでしょうね。

狭いながらも楽しい我が家で、まだまだ楽しく過ごしたい。

そうした思いがあるのだから、こんな時こそ

「こんな家、とっとと出て行くよ!」

と言われるまで、放置するのが良いのでしょう。

でも、じれったい、じれったい。

いえいえ。時間が必要。

うちの子には、この家が必要。

そう思って頑張ろう。

先日、子どもには新しい自転車を買いました。

ドロップハンドルの、ぐんぐん走れる自転車です。

夫や私の兄が中学時代に自転車を乗り回していたように、そういう時間があって良いのではないかと思って。

部活漬けの寮生活なんかしたら、好きに自転車乗れなくなっちゃう。

長い人生、部活三昧も良いけど、自転車で放浪することも大事だわ。

そう思って、待つことにしよう。

そうそう。私が落ち着かないのは、近く、日本代表を決めるレースがあるからだ。

代表メンバーに入れればラッキー、なのではなくて、なぜか、そこそこ上位に入ってもらいたいと思ってる。

で、どきどきしてる。

目の前で、一番プレッシャーを感じているのは、子ども自身の筈なのに。

「待ってろ。待ってろ。時が来るのを、待ってろ」

最近、子ども以上にどきどきして、却って冷静な子どもに励まされることもよくあります。

時期が来たら、放っておいてもちゃんと家を出て行くから。

そう思って、見守ろう。

まだまだ未熟なおかあさんは、どきどきして、心臓が口から出そうになるんだよなぁ。

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

新しい年に

新年、あけましておめでとうございます。

カウントダウンのバルコニーからは、港の花火と除夜の汽笛が楽しめました。

2020年。2000年のミレニアムを少し前に祝ったような気分になっていましたが、あれから20年、あっという間に経ってしまいました。

昨日、夫と二人、都内までおせちを受け取りに行って来たのですが、20年前に働いていたビルや亡き父の働いていた会社の前も通って、感慨深いものがありました。

そうよ!ミレニアムといえば、鳥さんを飼い始めたのが2000年。オリンピックの後の秋だったわ。

鳥さん飼って20年。

我が子を迎えて十余年。

まさか、こんなに賑やかになるだなんて考えもしませんでした。

今年は、子どものヨットで去年にも増して忙しいです。

頑張ります。

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

ひと月経って

結局、ご飯を食べるのを毎食80グラムか、おにぎり1個にしてみました。

それに、サラダと、たんぱく質。

たったそれだけなんですが、菓子パン2個のお昼をスパッとやめたら、体重が1ヶ月で約3キロ減りました!

あら。減量は、案外簡単?

というか、どんだけカロリー摂取していたんでしょう。

甘いものだって適当に食べてるし、避けてるおかずはコレといってないし。

だけど、体重は、確実に減りました。

このまま続ければ、あんまり我慢しないで痩せる習慣が身につくかもしれません。

残りは、朝のトースト1枚生活からの脱出と、毎食前の水分補給。

そうね。冬だから、お茶も良いけど温かいスープにしようかしら。

ちなみに、平日のお昼ごはんは、

コンビニのサラダ、おにぎり1個、インスタント味噌汁1杯、チキンバー1本

を繰り返しています。

菓子パン2個より高いけど、減量には効果的な模様。

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

健康診断で引っ掛かって

減量することにしました。

特に、この1年で5キロも太ってしまったので、

「もう1年この暮らしをしたら、10キロ増になってしまうわ!」

と、覚悟を決めました。

しばらく前に、エステサロンで痩身に取り組みましたが、食事制限が酷すぎて、食事を戻すなりリバウンドしたので、お米食べちゃだめな、いわゆる糖質制限ダイエットは、やりません。

ちょうど良い体重に戻った後も、一生お米も麺も食べないだなんて無理です。

で、選んだのが、

「野菜サラダ+幕の内弁当ご飯半分」

の某ダイエット外来式やせる生活です。

でも、私の場合、おやつを完全になくす生活はしたくないので、たまにおやつを食べる分、食事を若干削ります。

果物を一生食べないのも無理なので、たまに食べる分、こちらも食事を制限します。

そして見えて来るのが、実は、若い頃やっていた「一日千円生活」です。

毎日の買い物、夫婦二人分、お米と調味料を除いて1,000円で収まるようにしていました。(昼食は毎日外食の為含めず)

すると、果物は買えないのですが、だいたい太らない程度のおかずが作れまして、、、。

今の物価と家族構成だと、いくらが適当なのか、まだ感覚が掴めていないのですが、20年近く経った今でも、1,500円まではしない気がしています。

もちろん、外食や、

「今日は、ごちそう!」

という日は、この限りではないのですが。

「そうだよなぁ。太ってなかった頃って、特段ダイエットしていなかっただけで、実は毎日食費を節約していたんだよねぇ」

いつから私の食事がおかしくなったのでしょう?

思い返せば、仕事の日は、来る日も来る日もパンを2個。

何故なら、迷わないから。

コンビニとパン屋さんの日替わりで、デニッシュやらエピやらを、野菜も何もなしでかじっておりました。

特に、コンビニのパン2個は、安いという問題もありました。

「そりゃ、太るわ!」

「えーい!やめたやめた!!」

お昼に、ちゃんとバランス良く食べることにしよう。

夜は、おかずの買い物が1,000円位まで。(肉又は魚+野菜)

朝は、とりあえず欠かさず食べる。できれば野菜とたんぱく質も。(でも、長年トースト&コーヒーだから、急がずチャレンジ。レタス+ハムでも良し)

朝のボリュームを増やし、

昼を充実させ、

夜は、目一杯は食べない。

んー。私の場合は、これで何とかならないかしら。(苦笑)

だって、思い当たる節は、いろいろあるんだもん。

寝る前のポテチとか。

暑い夏のかき氷とか。

夕食目一杯食べた後の、子どもが残した残飯整理だとか。

いけない、いけない。

食べ物も、潔く断捨離だわ。

太る元は、口にしーない。

量が多いときには、「太るよりマシ」と呟いて捨ててしまおう!

甘いものを食べたくなったら、裏のカロリー表示見て自分に聞こう。

「ご飯1杯分並みだけど、大丈夫?」

糖質は摂るけど、総量はコントロールしなきゃ。

嗚呼。春には、体重5キロ位減っててくれないかな。

減ってくれるように折り合い付けたいんだけどなぁ。

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

無事帰国

子どもの海外遠征から無事帰国しました。

行き先は、なんと、カリブ海のバハマ。

少し前にハリケーンの被害が出て、大会本部でも寄付を募ったりしていました。

そして、行ったバハマは、本当にきれいな海と空。

観覧艇に乗ったり、ビーチから眺めたりしましたが、海はどこに行っても透き通っているし、砂浜はきれいだし、もう、感動してばかり。

有名なホテルに泊まったので、少し高いですが、ドレスアップして夕食を食べたり。(シーフードのパスタを頼んだら、これまで食べたことのない量のロブスターとエビが入っていてびっくり!)

名物の水族館やプールで遊んだり。地元のスーパーに繰り出したり。

もちろん、一番の仕事は、選手の補食作りなので、毎朝おにぎり握ったり、果物を剝いて配ったり、ほかのお母さんと一緒に頑張りました。

あー。充実した日々だった。

そして、片言も片言の英語で過ごして(アジア人が全然いない!)、日常を忘れて、楽しかったなぁ。

現地では、あまり関わらないようにしていた我が子が、帰宅してみると大きくなっていて。

とてもお金と時間を必要とする遠征だったけど、行って良かったなぁ。

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

髪型にこだわりはじめ

子どもが、今日は床屋に行くと自分から言い始めました。

いつもバリカンとハサミで「ちょっと前髪を残したスポーツ刈り」にしてもらい、何ヶ月も伸ばし放題なのですが、


今回は、

「1.5センチ切ってもらうだけにしよう」

と、長さの指定が入りました。


こうして、少しずつおしゃれになって行くのでしょうね。


生意気ですが、まだお母さん床屋に同伴です。


そのうち、一人で、好きな髪型にしてくるのかな。


お母さん、おじさんばっかりの床屋さんに行くの、恥ずかしいんだけど。


早く一人で行ってくれないかしら。

| | コメント (0)

2019年8月24日 (土)

突然の海外遠征

母を見送った頃。

子どもの所属するヨット連盟から連絡があり、海外遠征に派遣されることになりました。

「ち、ちょっとお時間頂けますか?」

思わず出たのは、

「休暇も費用もないよー!」

の心配からでした。

「でも。断る訳には、いかないよね、、、」

来年、再来年はありますが、運良く選ばれるとは限りません。

ただお金を払えば行ける旅行とは異なり、日本人選手の代表としての出場です。

「私達も行ったことのない距離の国だけど」

「行くことにしよう!」

頂いた5分の間に夫と相談して、連盟に返事をしました。

それから、いろいろありました。

パスポートを取りに行ったり、

ほかのメンバーとLINEで連絡を取り合ったり、

航空券を手配したり、

ユニフォームを決めたり。

毎日が準備で、その合間にも集まって練習をしたり、

レースがあったり。

あんまりスケジュールがハードなので、今回は、夫と子どもだけを参加させる機会を何回も作りました。

そしたら、何かこう、子どもが逞しく思えてきました。

私の手を離れた所で頑張っている。

感慨深いものがあります。

今年の夏は、きっと背の高さがグンと伸びて、私を追い越すことでしょう。

そして、私達の予想を越えた経験をすることで、心も大きくなる気がしています。

今日も、仲間が全国から集まって練習合宿をしています。

同行しているお母さんからの写真や、お父さんの指導が本当にありがたいです。

私も、家で家事&リフレッシュ。

がんばろう、っと。

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

母を見送って

母がホスピスに移って約半年。

好きなガーデニングも楽しんで、最後の一月は寝たきりで、母は息を引き取りました。

元気な頃から延命治療を拒んでいましたので、最後まで酸素吸入以外は、点滴も何もなく、身体の水分が抜けて枯れるように、安らかに亡くなりました。

亡くなる前には、多忙な兄も幾度となく面会に来てくれ、心強く感じました。

葬儀では、お花の祭壇を大きくして、お花いっぱいのお葬式となりました。

ラストメイクは贅沢かな、と、思ったのですが、本当に眠っているかのように血色よく仕上げていただいて、悲しいというより心から安堵するお別れができました。

長年ひとりぼっちで生きてきた母の最後を、ひとりぼっちにさせてはいけない、との思いが私には強くて、その役目が無事に果たせたように思われました。

今の職場には介護休暇の制度があって、これにも随分助けられました。

さあ。あとは、母の荷物の引き上げと、納骨です。

生前、公営の納骨堂を申し込んでいたので、それも役に立ちました。

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

部活始まる

子どもの部活が始まりました。

クラスで誘い合って、入ったらしいです。

運動部で、高校生と一緒なので、なかなかハードみたいですが、先日は、コーチに褒められて嬉しそうに帰ってきました。

部活は、6時まで。

それから電車で帰宅するので、子どもが家に着くまでの間、私ひとりで過ごせる時間ができました。

ちょっとだけ、お茶飲んだり。

ニュースを見たり。

お昼寝したり。

片付けしたり。

ああ、こういう時間、ずっとなかったなぁ、、、と思いました。

鳥さんたちがエサを食べる音しかしないので、仕事も捗ります。

さあ。今日は、何といって帰ってくるかしら。

連日筋肉痛で疲れるけど、楽しいみたいです。

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

中学生のお勉強

結局。

中学生になった子どもの、勉強を見ている私、、、。

何の為の受験だったのか。

受験勉強をしていたあの頃、さんざん

「お母さん、中学の勉強は見てあげられないんだからね」

と言っていたのに。

英語教えたり、数学教えたり。全くできない地理まで教えて。

来月には、期末テスト。

それが終わったら、短縮授業。

終業式の前に、山盛りの宿題。

さあ、子どもよ。

今年の夏は、勉強だぞ。

覚悟しておけ!

| | コメント (0)

2019年4月29日 (月)

そしてオーナーさんへ

なんとか母の部屋を片付け、不動産屋さんに鍵を渡し、私たちは「オーナーさん」になりました。

あっという間に入居予定者も決まり、あとは、ハウスクリーニングが終わるのを待って入居してもらうだけです。

これで、毎月のローン返済と管理費等の支払い一辺倒から、家賃収入から諸々差し引いても黒字になる日々へと変わります。

私たちが子育てを始めて、向いにマンションが建つことになり、そこに母を呼び寄せて住まわせ、あっという間に8年が過ぎました。

その頃は、まだまだ母が長生きするものだと思っていたので、賃貸に出すことはまったく考えていなかったのですが。

昨年、母が肺がんであることがわかり、骨転移していることもわかり、つまりは末期ということが判明し。

人間だもの。急に状況が変わる、ってことは、あるのですね。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

掲示板で終活 2

母の部屋にあったものが、次々と新しい持ち主へと引き取られて行きます。

昨日は、ひとり。

今日は、ふたり。

明日がナシで、

明後日が、5人!

もう、いろんな方とバシバシやり取りをしているので、何が何だか。目が回ります。

家具が一つ、また一つなくなって、母の部屋は、どんどん広くなり。

こんなに広かったんだ、と、改めて思ったり。

電話でしか様子を知らない母は、寂しさもあるようですが。

まだまだ新しい持ち主と会わなければならない私としては、それどころではありません。

明後日は、ガス会社の方が解約にもいらっしゃいます。

もう一息。頑張らねば!

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

掲示板で終活

母の部屋を賃貸に出すことになり、少しずつ不用品の処分をしています。

衣類や雑貨、食品は捨てるだけですが、家具や家電、調理器具等を掲示板に載せると、案外引き取り手が見つかるので驚きました。

私の不用品は、フリマ。

母の施設入居に伴って不要になったものは、掲示板。

今まで一番人気があったのは、ステンレスのお鍋。

思いがけず人気だったのは、おひつ。

大切に使っていただけるのは、プライスレスの価値があります。

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

鳥さんの箸置き

最近、ネットのフリマやオークションで不用品を売るようになりました。

断捨離の一方で、あの3.11の地震で殆どが割れてしまった、今は廃番の食器たちが愛用者の中で取引されていることを知り、少しずつ買い足してもいます。

そんな中、箸置きにもこだわりがありまして、迷いに迷った挙げ句、白山陶器のその名もラブバードというのが売りに出ていたので買わせてもらうことにしました。

我が家の食卓にお箸置きがなくなって、もう8年。

届いた運んでから出てきた鳥さんたちが可愛くて。食卓に置いてお箸を乗せたら更に可愛くて。

運良く5つセットでしたので、家族は勿論来客があっても使えます。

さあ。お箸置きも、食器も、かつてのように揃ってきました。

我が家の復興も、長い時間をかけてようやくここまできました。
1552101646957.jpg

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日)

フリマにて

最近、家政婦さんと家の片付けをしている私は、いろいろと捨てるにはもったいないモノに出会うようになりました。

先日も、いとしのサザンオールスターズの20年も前のグッズが未開封のまま出てきて、捨てる訳にもいかず、保留にしていたのですが。

夜になってフリマのアプリを開きましたら、なんと、平気で取引されてるではありませんか。

「買う人がいるんだ、、、!」

驚いて、早速出品してみたら、ものの1分もしないうちに売れてしまい、更にびっくり。

すぐに送りまして、翌日。買い主さんがメッセージをくれました。

「ずっと探していました。春からのツアーで使わせていただきます!」

私、それを読んで、コンサートに行けなくなった私の代わりに、新しい持ち主と一緒にコンサートに行ってくれるんだ、と思ったら、嬉しくなりましてね。

コンサートに行くたびに、
「私もアレ、欲しいのよネ」
って、ずっと思ってた人がいたんですね。

なんか、こう、フリマの醍醐味を知った思いです。

| | コメント (0)

«中学受験を終えて